赤ちゃんのよだれかぶれ対策方法

column0924_01
 


赤ちゃんの肌荒れの原因には汗・皮脂・排泄物・乾燥肌などさまざまな理由があります。
中でも、よだれかぶれは一度発症してしまうと、よだれの止まらない時期はずっと改善されないというケースも少なくありません。
よだれかぶれを肌に残さないためにはどのような対応をしたらいいのでしょうか?

今回は、赤ちゃんのよだれかぶれ対策方法を紹介します。


よだれの多い時期と成長の関係

赤ちゃんがよだれを垂らす理由は、口の中で分泌された唾液を飲み込むことが出来ないからです。
大人になるにつれて自然に飲みこめるようになるのですが、赤ちゃんは歯も生えそろっていないので食べ物を咀嚼したり、口の筋肉で唾液を口内に留める事ができません。
また、よだれが多くなる時期は首がすわり始める生後3~4ヶ月目から、歯の生えそろう1~2歳までと言われています。
これは咀嚼を覚え始めたり、おもちゃなどに興味を持って口に含む機会が増え、口内の清潔を保つために唾液の分泌量が増えることが主に関係しているのです。

そして、この分泌量が増える時期がよだれかぶれの最も増える時期です。
よだれは口内の殺菌や消化を助けるために分泌されるので、消化酵素や塩分が含まれています。
これらは肌に付着し続けると、肌バリアを刺激して炎症を起こしてしまい、よだれかぶれを生んでしまうのです。
よだれを垂らす期間は拭っても拭ってもよだれは出てくるので、かぶれが慢性化してしまうこともあります。

 
赤ちゃんの肌の保湿、角質層のケアに『ファムズベビー』
 
 続きを読む